トマト

みんな大好きなトマトやミニトマト。その歴史は?日本にはいつ?

トマトの原種はペルーのアンデス山脈に野生で生えていたものです。 アンデス山脈あたりは太陽の日差しが強く、年間降水量がとても少なく平均100m以下と、年間乾燥した地域なのです。トマトは乾燥気味に栽培すると甘みも増し濃い味のおいしいトマトができるというのも原産地の気候を知ればうなずけますね。それにしても原住民はよく野生のトマトが食用になると気が付いたと思いませんか?
トマト

楽天デイリーランキング1位! トリアンジュのミニトマトは甘みと酸味、旨味のバランスがおいしい!

トリアンジュトマトはグルタミン酸、リコピン、GABAの含有量は他トマトの約3倍!!数種類の味が楽しめます。食味は季節によって違います現代人に野菜は毎日の食卓に欠かせない必需品です。とりわけ最近トマトに含まれているリコピンなどが高く評価され、その美味しさと相まって大変人気が高いですね。イタリアンの料理には特に多く登場し、その美味しさ格別です。
フルーツ

「イチゴの王様」最高級ブランドあまおう!訳アリ約270g×4パック【予約 1月以降】 送料無料

福岡産 博多 ”あまおういちご” 訳あり 約270g×4パック【予約 1月以降】 送料無料福岡博多生まれの「あまおう」今でも福岡でしか栽培されていない希少なイチゴなのです。頭文字からとられた名前の通りの姿と味のおいしさがみんなに評価されて今や「イチゴの王様」と言われて全国で引っ張りだこなんですね。「あまおう」の大きな粒を一口ほおばって、しっかりとした果肉をかむとじゅわ~っと口いっぱいに薫り高い果汁が広がって食べた人を夢心地にさせてくれます。
タイトルとURLをコピーしました